◯うめきた民にきいてみよう!_008◯

◯うめきた民にきいてみよう!_008◯

 

第1回 うめきた楽市楽座まで、あと20日!!

梅田周辺地域”うめきた”で活動をする人々が、どんなことをしていてどんなことを考えているのか!
いろんな人に聞いてみました◎

 

今回は、十三に住む、玉尾悠季さん、通称・ふくこさん!
うめきた楽市楽座2016のTシャツデザインもしてくださった
素敵な笑顔のがま口作家さんです!

Tシャツはこちらからも買えますよ!
http://www.umeraku.com/online-shop/#cc-m-product-13222625496

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[紹介者からみた玉緒さん]
がま口作家の「ふくこさん」こと玉尾悠季さんは
常に周りに「福」を届けてくださるありがた〜い存在の方。
「うめきた2期開発」に関わるすべての方にとって
福々しい未来が訪れるように、そんな想いを込めて
玉尾さんにTシャツのイラストをご依頼しました。
(H Hosokawa)

 

 

 

 

 

 

[うめきた民 / いまなにをしている方ですか?]
自分の似顔絵から生まれたキャラクター「福を呼ぶ ふくこさん」の、がま口や布雑貨などを作ってイベント等で販売させていただいてます。

それ以前は 芸術の学校を出て京都で陶器の絵付け職人をしていました。
7年半勤めた後、絵本作家に憧れて絵本学校に通ったり、パン作りにハマったりしながら自分のスタイルを探していましたが、ふと落書きで描いた自分の似顔絵キャラがなぜか好評でそれが発展して今に至ります。

現在は地元、十三でだんなさんのバイク・車の整備のタマオートを手伝いつつ、傍らでチクチク自分の分身を制作しています^ ^

 

[うめきたとの関わり]
生まれ育ったのがうめきたの対岸にある十三なので、小学校の頃から自転車で遊びに行ったり、高校時代のバイト先も、ネコだんなとの初デートもうめきたでした。
地元の河川敷から見えるうめきたはビルがいっぱいの大都会ですが、懐かしい思い出が詰まったホッとするような景色でもあります。

 

 

[うめきたへの想い]
どんどん高い建物が建ってただ消費がされる地ではなく、
農業や産業が盛んになって緑が溢れるクリエイティブな「生み出す場」になってほしいです。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
インタビューに答えてくださったふくこさん、ありがとうございました!
うめきた2期開発に「市民の声」を届けよう!が合言葉の

 

“うめきた楽市楽座〜うめきたにかけるはし〜"は 
2016年10月1日(土)/2日(日) に開催されます。

 

ステージ・マルシェなどのイベント盛りだくさん!

現在開発中のグランフロント隣のあの広大な敷地内に入る事のできるチャンスです!ぜひご参加下さい!

 

■詳細記載ページ■
https://www.facebook.com/events/106744603106494/