◯うめきた民にきいてみよう!_012◯

◯うめきた民にきいてみよう!_012◯
第1回 うめきた楽市楽座まで、あと14日!!

梅田周辺地域”うめきた”で活動をする人々が、どんなことをしていてどんなことを考えているのか!いろんな人に聞いてみました◎

今回は、菅野祥子さんです。
北区に住む5歳のママさん!パワフルママです!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

[紹介者からみた菅野さん]
出会いは、北区のママの会でのこと。
子ども連れで、なんか語ろうっていうざっくばらんな会。
8月に開始して、もう来週で3回目という(笑)なんともペースが早い集会なのですが、建設的な話ができるママが中心に構成されています。
その中で、祥子さんから「うめきた楽市楽座になんか関わりたい!」って言っていただき、早速どういうことがあるかな~ということで話をしてましたら、家庭菜園とかが好き!っていうことだったので、今後はうめらくで予定しているエディブルガーデン(食べられる菜園)を一緒にできたらいいな~と思ってます!

こういう素敵ママさん、きっと北区にもっといるはず!この輪を広げていきたいな~。
(Mariko Y)

 

 

[うめきた民 / いまなにをしている方ですか?]
5歳の息子の母です。 普段は、東天満のオフィスで、事務員をしています。 独身時代は、子ども英会話講師だったり、外資系ホテルのロビーラウンジで働いていました。

結婚後、妊娠と同時に専業主婦になりましたが、 周りに頼れる人がいない中での「弧育て」を経験し 『育児には、地域での頼り合いが必要』と 子育てシェアAsMama http://asmama.jp/ で地域のお世話役『ママサポーター』になり 2年前から空き時間を使って、主に北区で地域のママを繋ぐ「地域交流会」を開催しています。 今では「ちょっとお願い!」と言えるママ友も周りに出来て 気兼ねなく付き合える、呑みママ友達が増えつつあります(笑)

 

 

[うめきたとの関わり]
西梅田で働いていた事もあり、仕事も休みも「梅田」。
子どもが産まれてからも、出かけるのは専ら「梅田」。
息子は乗り物が大好きなので、
大阪駅で電車を見たり、トミカショップに行ったり。
グランフロント大阪が出来てからは、
身体を動かすのに最適な、ボーネルンドのキドキドには、よく通いました。
今でも、グランフロントに行くと
キドキド→フーハ大阪→メルセデスベンツと、定番コースになっています。

 

[うめきたへの想い]
グランフロントから見える、広大な空き地。 どちらかと言えば、いち北区民として、どうなるんだろ~~・・・と傍観しておりました。 「うめきた楽市楽座」の活動には、ただただ感心するばかりです。 グランフロントが出来た時に、ただの商業施設ではない形が面白いな~と思ったので 新しい街の形の提案、そして地域の人達が気軽に集える場所になれば良ですよね。 あと、緑が多い場所になるとの事なので楽しみです!

最後に、この「うめきた楽市楽座」は、うめきた開発に市民が参加できる唯一の団体で 「私、うめきたが出来る時に、関わったんやで~~。」って、 おばあちゃんになってから自慢にしたいと思っています☆彡 10月1日、2日イベント、楽しみです!

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
インタビューに答えてくださった菅野さん、ありがとうございました!

 

うめきた2期開発に「市民の声」を届けよう!が合言葉の
“うめきた楽市楽座〜うめきたにかけるはし〜”は
2016年10月1日(土)/2日(日) に開催されます。

 

ステージ・マルシェなどのイベント盛りだくさん!
現在開発中のグランフロント隣のあの広大な敷地内に入る事のできるチャンスです!ぜひご参加下さい!

 

■詳細記載ページ■
https://www.facebook.com/events/106744603106494/