◯うめきた民にきいてみよう!_016◯

◯うめきた民にきいてみよう!_016◯
第1回 うめきた楽市楽座まで、あと09日!!

梅田周辺地域”うめきた”で活動をする人々が、どんなことをしていてどんなことを考えているのか!いろんな人に聞いてみました◎
今回は、 北区でまちづくりに様々にとりくんでおられる土井さんです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[紹介者からみた土井さん]
とても優しい雰囲気の方!
初めて会った時から、マイナスイオンを体からだしているような
空気洗浄機みたいな人です。
こうなったらいいな、ああなったらいいな
ということを、一つ一つ取り組んで実践して次に進めていってる
大阪市北区をしっかりと考えている方です。
(Elica M)

[うめきた民 / いまなにをしている方ですか?]
平日昼間は、北区まちづくりセンターで働いています。
地域の会長さんをはじめ、企業さん・個人事業主さん・NPOさん・学校の先生や学生さんなど、様々な立場の人たちと出会い、交流の場をつくって繋いでいく。1人ひとりの「得意なこと」を活かして、北区内の困りごとが少しでも改善されるような仕組み創りをサポートしています。
そしてそして、、、本当に最近のことなのですが、「安心して集える居場所づくり」の実験的な取組みとして、hospitality link(通称=ぴったりんく)という任意団体とその名刺を勝手に作って運営し始めました。
https://www.facebook.com/pittalink/
今はまだ、固定の場所があるわけじゃないんですが、どこかの会場をお借りして、イベントを開催していこうと考えています。
趣味は、珈琲。生豆を自分で焙煎して、挽いて、ハンドドリップで美味しいコーヒーを飲むのが日課です。
早く、カフェのマスターになりたいのです!!

[うめきたとの関わり]
うめきたについての一番古い記憶は、父親に連れられて訪れたJRAのウインズ梅田ですね。正直「タバコと馬券」でした。
学生の頃になると大阪駅が通学経路だったこともあって、毎日のように、梅田ロフトやキディーランドをブラブラしてました。「流行っているモノ、これから流行しそうなモノ」にいつもアンテナをはっていましたね^^
最近では、グランフロントを訪れたり、柴田商店街や茶屋町など、仕事でうめきたに関わっています。
いろんな立場でうめきたと関わる、30年以上の「うめきたユーザー」です。

[うめきたへの想い]
まちづくりって「ソフト面(≒人・暖かさ)」と「ハード面(≒設備・建物)」の2つの側面があると思うんです。だけど、どうしても「ハード面」の方が先行して開発されていきますよね。
そんな中、うめきた楽市楽座実行委員会さんは「人のつながりの可能性」を常に意識されています。
それが、とっても素敵だな~って思うんです。
もしも想いが通じるとしたら「老若男女誰もが輝ける、チャレンジできるまち」になって欲しいですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
インタビューに答えてくださった土井さん、ありがとうございました!
うめきた2期開発に「市民の声」を届けよう!が合言葉の
“うめきた楽市楽座〜うめきたにかけるはし〜”は
2016年10月1日(土)/2日(日) に開催されます。

ステージ・マルシェなどのイベント盛りだくさん!
現在開発中のグランフロント隣のあの広大な敷地内に入る事のできるチャンスです!ぜひご参加下さい!
■詳細記載ページ■
https://www.facebook.com/events/106744603106494/