◯うめきた民にきいてみよう!_019◯

◯うめきた民にきいてみよう!_019◯

第1回 うめきた楽市楽座まで、あと06日!!
梅田周辺地域”うめきた”で活動をする人々が、どんなことをしていてどんなことを考えているのか!いろんな人に聞いてみました◎

今回は、 プラス防災の坂本まりさんです。
女性目線から防災を考えることをテーマに活動をされています。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[紹介者からみた坂本さん]
女性目線から防災を考えることをテーマに活動をされており、さらには大阪府最年少の防災士の息子さんとのタッグで、今や、テレビや舞台に引っ張りだこ!
「防災」って言葉は最近はあらゆる地域でよく耳にしますが、プロの目からみた防災、豊富な知識、そしてご自身の環境が子育て中のお母さんであることから、親子の防災など、様々な角度から防災についての知識を教えてくれます。
大阪市北区は都会のど真ん中であり、関西の中心地。
防災のパイオニア的存在になる親子に注目!
(Mariko Y)

 

[うめきた民 / いまなにをしている方ですか?]
「プラス防災」という任意団体で、防災啓発セミナーや防災イベントなどを行っています。
長男の小学校入学をきっかけに学校での防災教育に興味を抱き、学校防災の研究をスタート。大阪府学校防災アドバイザーとして、避難訓練の指導助言も行っています。
最近では代表の坂本真理、関西最年少防災士の坂本紫音ともにメディアへの出演も増えてきています。
ちなみに、紫音は金曜深夜のカンテレ「桃色つるべ」に継続出演しています。

北区本庄西で、「カフェプラス」を経営しています。
防災を身近に感じることができる「場」の提供。レンタルスペースもあります。
シェアカフェ及びチャレンジカフェとしてカフェ営業していただける方を募集しています。

 

[うめきたとの関わり]
実は梅田貨物駅の倉庫で働いていたことがあります。
屋上にあったテニススクールのHPを作成していました。

 

[うめきたへの想い]
梅田は埋田。湿地の田んぼを埋めた地盤の弱い土地です。
第2室戸台風以来、大阪は大きな自然災害に見舞われていません。
元々弱い地盤ということと、長年自然災害を経験していないため、大きな災害に対する備えが不十分な状態です。
まちを開発するにあたって、自然災害はもとより、テロなどの人的災害への備えも兼ね備えたまちづくりができるよう期待しています。
また、線路で分断されていた北区のよこのつながりができればと思います。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
インタビューに答えてくださった坂本さん、ありがとうございました!

 

うめきた2期開発に「市民の声」を届けよう!が合言葉の
“うめきた楽市楽座〜うめきたにかけるはし〜”は

2016年10月1日(土)/2日(日) に開催されます。

 

ステージ・マルシェなどのイベント盛りだくさん!
現在開発中のグランフロント隣のあの広大な敷地内に入る事のできるチャンスです!ぜひご参加下さい!

■詳細記載ページ■
https://www.facebook.com/events/106744603106494/