◯うめきた民にきいてみよう!_022◯

◯うめきた民にきいてみよう!_022◯
第1回 うめきた楽市楽座まで、あと03日!!
梅田周辺地域”うめきた”で活動をする人々が、どんなことをしていてどんなことを考えているのか!いろんな人に聞いてみました◎

今回は、 病院のボランティアコーディネーター・松尾裕美さんです!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[紹介者からみた松尾さん]
病院の中でこんな明るい人がいたらいいな~。
そんな第一印象の松尾さん。

大阪市北区にある大きな病院のボランティアコーディネーターさんをされています。「地域に開かれた病院にしたい!」ということで、北区まちづくりさんのイベントに参加し、お会いしたことをきっかけに出会いました。

出会いはご縁なければできないもの。でもご縁は出会うだけでもできません。松尾さんとの出会いのきっかけで、うめきた楽市楽座は、病院との連携もできるようになりました。当日は、イベント会場に救護室もできます。そして、松尾さん自身もうめきたクワイヤとしてウタヂカラでイベントを盛り上げてくださいます。そしてうれしいことに今後も病院と連携することあれば何かしよか。と声をかけてくださったり。さらに、先日はボランティア活動でロビーコンサートをさせていただき、うちの父、68歳で歌手デビューし、父娘含めたハワイアンフラダンス&ウクレレチームでステージに立たせていただきました。

これからも地域に開かれた医療施設として、ぜひ、「うめきた」を健康なまちにする取り組みにしていきたいと思います!
(Mariko Y)

 

[うめきた民 / いまなにをしている方ですか?]
仕事は病院でボランティアコーディネーターをしています。地域の方や学生、企業の社会貢献グループの皆さんからの病院ボランティア活動申し出を受けて、活動内容の調整をしています。ロビー案内、患者図書室の開館担当他、様々な活動により患者さんや家族の方にゆっくり優雅に寄り添っていただいています。芸術・芸能ボランティアによるロビーコンサートは入院中の患者さんにとって癒しと楽しみになっています。患者さんと家族の方が安心して医療や福祉に出合い、ボランティアさんが遣り甲斐をもって楽しんで活動されていることが私の喜びです。

 

[うめきたとの関わり]
短大卒業後、うめきたにある病院に20代後半まで勤務していました。その後は買い物等でちょくちょく来るのはうめきたでした。子育てを経て、ボランティアコーディネーターとして再就職をして8年半。病院のボランティアグループは地域のボランティア・市民活動センターのボランティアグループにも入れていただいていますので、地域での行事や「まちづくり塾」等お声をかけていただき、たくさんの地域の方と出合えました。うめきた楽市楽座の代表である山田さん、広報の細川さんとも出会ったのでした。

 

[うめきたへの想い]
現在JRで通っているので、グランフロント大阪が出来てからは通勤路から見える『旧JR貨物梅田駅跡地』に「いつになったら、何ができるのかな~」と思いながら毎日、眺めています。職場の人やボランティアさんと、新聞等に活用案が掲載されると跡地が何になるのかおしゃべりをしていました。
大阪の街にはいい所はいっぱいあるのに、緑が少ないと言われている等。梅田近辺、大阪市内は街路樹を含め緑が減ってきている印象もあります。大阪の中心とも言える大阪駅にほど近い「うめきた」がセントラルパークも日比谷公園もしのぐような緑あふれる安全安心な地域として発展し、また今まで以上に、老若男女の子育てしている人もしていない人も、働いている人もいない人も、拠りよく人が繋がれる街になってほしいと思います。都会だけどあたたかい街「うめきた」がこれからも続くことを願って、「Colors~絆~」を歌います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
インタビューに答えてくださった松尾さん、ありがとうございました!

 

うめきた2期開発に「市民の声」を届けよう!が合言葉の
“うめきた楽市楽座〜うめきたにかけるはし〜”は
2016年10月1日(土)/2日(日) に開催されます。

 

ステージ・マルシェなどのイベント盛りだくさん!

松尾さんの演出するクワイアーは必見ですよ!
現在開発中のグランフロント隣のあの広大な敷地内に入る事のできるチャンスです!ぜひご参加下さい!

 

■詳細記載ページ■
https://www.facebook.com/events/106744603106494/