◯うめきた民にきいてみよう!_024◯

◯うめきた民にきいてみよう!_024◯
第1回 うめきた楽市楽座まで、あと02日!!
梅田周辺地域”うめきた”で活動をする人々が、どんなことをしていてどんなことを考えているのか!いろんな人に聞いてみました◎
今回は、 犬猫の食に関して動かれている待鳥 句仁恵さんです!

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[紹介者からみた待鳥さん]
ラジオパーソナリティー、NPO法人職員、OLさん、などなど
とにかく多才!

そして、私もずっと気になっている今のペット問題についても取り組まれていて、私もその話になると一緒に熱く語ってしまうほど、共感する部分がとてもあります。

ラジオのパーソナリティーをされている仕事柄、まちどりさんについついいろんな本音が出てしまう。。。そんな引き出し上手な方です。これからも彼女が取り組む課題。もっとたくさんの方に知ってもらえたら社会がいまより住みやすくなると思います。

私も彼女の活動、応援しています!

(Mariko Y)

 

[うめきた民 / いまなにをしている方ですか?]
何をしている人か、という質問はいろいろやっているので一番答えにくく苦手なのですが(笑)、お仕事としてはわんちゃんの健康をマッサージと食事でトータルケアするお仕事と、インターネットラジオ ゆめのたね放送局のパーソナリティーをしています。
ライフワークとしては、呼吸するのと同じくらい私の人生に大切な要素となるダンスをしています。
他にもいろんなことやっていきたいと思いますが、私の活動の全てに共通するテーマであり、「軸」は、全ての生き物が生まれたままのいのちを輝かせる「生きる」に真正面から向き合うこと。正義感の強さが取り柄です(^^)笑

 

[うめきたとの関わり]
梅田に初めて行ったのは多分高校生の時だったと思います。堺に住んでいますが南の人間には珍しく、昔から「北派」でした(笑)。
大学が兵庫県だったので、大学時代からがっつり梅田とは関わるようになり、初めて就職した会社の勤務地も梅田でしたので、もう随分長いお付き合いになりました。未だによく迷いますけどね(^^;

 

[うめきたへの想い]
正直なところ、梅田は人が住んでいる気配もなく、どちらかというとどんどん大きな開発が進んで生活からは離れて行っているようなイメージを持ち続けていました。ですので、特に興味もなく、半ば諦めみたいな感覚を持っていました。このイベントのお話をお伺いするまでは。
ですが、こんなに熱い想いで立ち上がった人たちがいて、皆さんほんとに素敵で人間らしくて、初めて梅田という大都会への明るい可能性を感じました。
今後関西の中心として、そして日本の第二の都市として、この梅田から「人も動物も植物も、本当の意味での“豊か”な生活」を発信していける場となって欲しいと心から願い、そのためにできることがあるのなら私も行動していきたいです。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
インタビューに答えてくださった待鳥さん、ありがとうございました!

 

うめきた2期開発に「市民の声」を届けよう!が合言葉の
“うめきた楽市楽座〜うめきたにかけるはし〜”は
2016年10月1日(土)/2日(日) に開催されます。

 

ステージ・マルシェなどのイベント盛りだくさん!
現在開発中のグランフロント隣のあの広大な敷地内に入る事のできるチャンスです!ぜひご参加下さい!

 

■詳細記載ページ■
https://www.facebook.com/events/106744603106494/