うめらくのブログは引っ越しします。2016年11月以降はこちらをご覧ください。http://ameblo.jp/umeraku/

◆うめきた2期暫定利用事業者トップバッターイベント
「うめきた楽市楽座」は終了いたしました。

 

うめきた楽市楽座 代表を務めさせていただきました山田です。
この度は、皆さまのおかげをもちましてイベントを無事に終了することができました。

 

来場客数を最終集計をしましたところ、来場者数は2日間で約5,000名弱。
※来場者数、当初カウント間違えてご報告。失礼!(;´∀`)

 

当初の集客目標をクリアすることができました。
多くの方にご参加いただき、大変感謝しております。
ありがとうございました。

 

そして野外イベントで一番心配されたお天気。
1日目、準備中は小雨、オープンと同時に晴れ
2日目、晴れて、両日ともお天気に恵まれるほど恵まれました。

 

多くの方々が関わっていただいたこのイベント。
なんとか無事開催できて今はほっとして、現在抜け殻状態です(笑)

思い返せば、今年初めに「うめきたに語ろう会」を立ち上げ、最初はたった10名の参加者から始まりました。

その後、会を重ねるごとに参加者が増え、6月のアイディアワークショップには130名ほどの方に集まっていただきました。

 

あのお話し会が、こんな大きなイベントになるなんて・・・・私自身、想像もしていませんでした。

当初のこのイベントの目的は、うめきたとうめきた周辺地域をつなぐイベントという予定でした。しかし、「うめきた」を知れば知るほど、このエリアは、うめきた周辺だけに留めてはいけない可能性の塊の場所であると感じ、

 

「みなさんからのアイディアをできる限り形にしたい!」「うめきたからいろいろ発信したい!」という、予定以上のことをしてみたくなりました。

イベント開催に向けて本格的に動き出したのが7月。

 

予定以上のことをすることは、本部メンバーの方々にとっては、多大な時間と労力を必要とすることを意味しましたので、精神的な負担をかけさせてしま

ったことと思います。

 

しかし、そんな私のわがままを最後まで見放さず支えてくれた、
副代表 みつか坊主 斉藤さん
広報  テングマイスター 細川さん
会計  elicafe えりかさん
書記、事務 ふぃるふぃ~る ねねさん
ステージ 上條瑞穂さん
がいてくれたからこそ、実現しました。

 

みなさんと、「何とかなるさ~、大丈夫!」を合言葉にこの数か月過ごしてきました。

 

また、その他にも多くの方々がこのイベントに関わって、協力をしてくださったおかげで開催できました。

各々1人1人のチカラを集約した結晶が、このイベントだと感じています。

 

私のこのイベントへの望みは、
◆やるからには今、自分の出せる最大のチカラをだしたい
◆自分の壁を越えてみたい
◆今つながっている人たちのチカラを集約してみたい
◆今だからこそできること、今しかできないこと体験したい。
◆この体験を次に活かしたい

ということでした。

 

こちらも、イベントに関わってくださった皆さまのおかげで全て達成することができました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

 

本部メンバーのみなさんにおかれましては、今回のうめきた楽市楽座のイベントが走り出したあと、責任感の塊だけでイベント開催まで来たことと思います。寝る間も惜しんでたくさんの時間をこのイベント準備に費やしていただき感謝しております。

 

本部メンバーは、ボランティアでもなく、まちづくりを本業にされている方でもなく、普段は自営業されている方々。
これからはしばらく本業頑張っていただきたいと思います。

 

そして『うめきた楽市楽座』は今回以上にチカラをつけてまた帰って参りたいと思います。

いつの日かご一緒できる日を楽しみにして・・・。

 

お世話になり、ありがとうございました。

 

うめきた楽市楽座
代表 山田摩利子